Web集客

【超初心者向け!】ホームページとは?意味を解説します!

投稿日: 更新日:

ホームページとは一体何?webサイトとの違いは?この記事では初心者の方向けに専門用語を避けてわかりやすく解説しています。この記事を読めば、あなたもwebに強くなるはずです!それでは行きましょう!

 

ホームページの意味は?

正式な意味合いとしては、サイト訪問時、最初に表示されるトップページのことを指し、世界共通の用語でもあります。ただ、日本で一般的に浸透している意味合いとしては「コーポレートサイト」や「キャンペーンサイトの」などのWebサイトのことを指します。時には「ランディングページ(LP)」のこともホームページと呼ぶ人もいます。

ホームページとWebサイトの違いは?

前述でも少し述べているように、あくまで一般的な認識として、「ウェブサイト」と「ホームページ」は同じものを指していると思っていただいても問題ありません。ただ、IT・WEBなどの情報通信業界の方からするとWebサイトのことを「ホームページ」と呼ぶのは少し違和感があります。あまりWebの知識がない方には「ホームページ」、詳しい人には「Webサイト」などと、話す相手によって使い分けをしてもいいでしょう。

ホームページの役割

ホームページ(Webサイト)の役割は、一体どんな役割があるのでしょうか?大きく4つに分けたので簡単に解説していきます。

問合せを獲得する

1番の目的は、ホームページを通していい情報を提供し、そのまま「お問い合わせ」につなげることです。多くの企業様はホームページに多くの費用を費やしていると思いますので、売り上げの成果を求めることが必要です。そこで「もっと情報を知りたい」と思うお客様からの問合せ数を多くしましょう。そこから流入した売り上げ予想と制作費用を比べて費用対効果を考えていくことも重要ですね。

広報として

これは大手企業のHPでよく見る新着情報です。「この企業は最近どんな活動をしているのか」「調子はいいのか?」などと外部の人が企業の中身を知るツールとして表示させます。

営業資料として使用する

取引先に訪問する際、基本的に営業資料を提供すると思いますが、それらをそのままHPに掲載することも可能です。URLを入力するといつでも営業資料をチェックできますので、検索エンジンからサイトに訪問した面識のないお客様にも営業資料の情報を表示させることもできます。

インターネット上の企業の看板として

現在、インターネットなしでは生活ができない世の中で、重要な看板として役立つのがホームページです。また、企業の印象を決める大事なツールとして役立ちます。ホームページの制作は費用がピンキリですが、安く抑えようとし過ぎるとディスブランディング、つまり企業の印象が帰って悪くなってしまうことがありますので注意も必要ですね!

ホームページを作るメリットは?

前述で、お伝えした通り、ホームページには様々な役割があります。全体としてメリットをあえて一つにまとめてお伝えするとしたらそれは「認知の向上」です。ビジネスの基本は「商品力 × 認知」です。商品力自体をホームページで高めることは基本的には不可能ですが、認知を強めること自体はこのネット社会においてホームページは超強力です。今だとホットペッパービューティーや食べログなどの様々な媒体がありますが、上位に表示sさせようとすれば高額な費用がかかる場合がほとんどです。一方、ホームページでは努力を継続すれば小額の費用で検索の上位に表示させることができます。また、好きな情報を好きな方法で表現することができ、強力なブランディングを行うこともできます。

ホームページで集客するコツ

ホームページで集客を行うコツは、制作する段階で目的を明確化し、チーム内で(もしくは制作会社と)共有することです。前述でも述べた通り、ホームページには「コーポレートサイト」や「ブランディングサイト」などの種類がありその中でも「問合せにつなげたいのか」「企業イメージを変えたいのか」など細分化された目的があります。そこを明確にすることでホームページがあなたのビジネスを成功へ導きます。以下の記事ではさらに詳しくお伝えしていますのでぜひチェックしてみてください。

ホームページを集客になげる5つのコツと方法

まとめ

いかがでしたか?当記事では、ホームページの意味だけではなく役割もお伝えしてきました。もし、「ホームページ」を作りたいとお考えのビジネスオーナー様、企業の広報担当者様はぜひ山西屋にお問い合わせください。結果につながるWebサイトを作成していきます。

-Web集客
-,

Copyright© 山西屋のweb集客ブログ , 2021 All Rights Reserved.