Web集客

ホームページを集客になげる5つのコツと方法

更新日:

パソコン 部屋

「ホームページを作ってみようと思っているけど、せっかくだから集客に繋げれるものにしたい」とお考えのビジネスオーナーの方も少なくないはず。この記事では、Webに関する知識がほとんどない方でもご理解いただけるように、簡単に、にホームページで集客を行う5つのコツをお伝えします。この記事を読めば、あなたも集客できるホームページをすることができるでしょう!それではいきましょう!


ホームページの目的をはっきりさせる(ほとんどが集客!)

ホームページ 目的

コツの1つ目は、「なぜ作るのか」を「明確化」することです。この記事では集客できるホームページの作り方をお伝えしていきますが、まず企画を立てること、つまり、準備が必要です。これは、ホームページを作る上で最も重要な項目です。「知人に勧められたからなんとなく作ってみる」では、ほとんどの確率でうまくいきません。
ここでいう「明確化」とは「5W1H」、つまり「WHAT(何を)」、「WHEN(いつ)」、「WHO(誰に)」、「WHERE(どこで)」、「WHY(なぜ)」、「HOW(どのように)」これら5つを、制作中、また、完成後でもは常に頭に入れておきましょう。

ビジネスの基本の5w1hとは?


定期的な更新作業

imac webサイト

コツの2つ目は、更新作業を定期的に行うことです。「ホームページやっと完成した!どれぐらいの人が見てくれるかなー?」このような考え方では、失敗してしまう可能性が非常に高いです。集客できるホームページを制作するためには、作成の段階と同じぐらい、公開後の運用が重要になってきます。運用と聞くと、解析や記録などの複雑そうなイメージが沸きますが、決して難しいわけではありません。イベントの告知や、本日の出来事を少し書くだけでも立派な運用になります。例えば、飲食店の場合だと、「今日のおすすめメニュー」と題した少量の文を書いてみるのもいいですし、美容室の場合だと、お客様の新しいヘアスタイルを書いてもOKです。(もちろんお客さんの許可は必要です)よくホームページで見かける「News」欄のところにちょっとした旬の情報を載せているのはこのパターンです。本業に支障をきたさない程の量で気軽な気持ちで書いていくのが、継続のコツですね!


ユーザー目線に立った内容

コツの3つ目は、ユーザー(読者)の目線に立って作成していくことです。あなたがホームページを見てもらいたいのはもちろんユーザー(読者)で、彼らの気持ちを考えて作成していくのは当然のことです。よく「このホームページかっこいいけど使いづらいな」という経験しませんでしたか?それは、本来のユーザーの気持ちを忘れ、「かっこいいサイトを作る」ことを目的にしてしまった悪い例なのです。ただ、いくら意識をしていても、同業界の人しかわからない用語を多用してしまうことがあります。どうしても1人だけでは、読者側の気持ちを完全に理解することはできません。そんなときのコツは、友人や家族からの意見を積極的に取り入れることです。会社やお店の従業員などの「身内」に意見を求めるとデザインの方に注目してしまう傾向があるようです。むしろ、あなたの業界について何もわからない友人や、家族などの外野からの目線に頼る方がいいものが作れる可能性が高いのです。独りよがりにならずに、ぜひ積極的に彼らの意見を取り入れ、読者全員が理解できる可読性のある集客に強いホームページを作成しましょう。


ブログの執筆

キーボード タイピング

コツの4つ目は、ブログを書いていくことです。2つ目の「定期的な更新作業」と重複しているに思われがちですが少しだけ異なります。異なる点は、「量」と「内容」です。
上記で紹介したNEWS欄での更新作業での文字数は、主に300文字程度の少量記事で、内容もはメニューの変更や、その日の出来事などの少ない内容です。しかし、ブログでは、量は、1000文字以上で、内容はユーザーにとって有益な「知識情報」を書いていきます。
ブログに執筆については、目的が2つあります。
1つ目は、検索エンジンに「このホームページは生きていますよ!」と知らせるためです。情報というものは、時間が経てば経つほど価値が薄れていくものです。GoogleやYahooなどの検索エンジンもそれを理解しているので、検索上位結果への表示はサイトの新鮮さを判断基準の1つにしています。(もちろんそれだけではありません。)ユーザーだけではなく検索エンジンからの評価も高いホームページを目指していくことはかなり重要となってきます。
2つ目は、ホームページへの入り口を増やすためです。集客できるホームページを作成するためには、やはり一定数のPV(閲覧回数)が不可欠です。そのPVを集めるための入り口を増やすのはかなり重要なことです。入り口とは何なのか?をクリーニング屋を例に説明していきます。例えば、東大阪市でお店を構えるクリーニング屋がホームページを作成するとなったときに、「東大阪市 クリーニング」とキーワードを定めて作成するとします。そうすると、「東大阪 クリーニング」と検索した読者が見込み客になるでしょう。しかし、それだけでは少し物足りないような感じはしませんか?ブログの執筆はこのような問題を解決してくれます。例えば、ホームページ内の日々のブログで「白Tシャツの効率的な汚れ落とし方と題した記事(ブログ)を載せておくと「白T 汚れ 落とし方」と検索したユーザーがその記事を訪れ、最終的にホームページへ飛んできてくれるということも考えられます。そういった有益な記事をホームページ内にためておき、その記事を読んだユーザーが最終的に顧客につながっていくという仕組みを作ることができるのでブログは有効な手段だと言えます。実践して集客に強いホームページを作成して行きましょう!


競合他社との比較

戦略

最後に5つ目のコツは、「競合他社がどのようなホームページなのか」をチェックすることです。どのようなビジネスにおいてもライバルを調査することは重要です。ホームページ制作でも同じことが言えます。競合の調査は、制作前はもちろん公開後も「勝っているところ」「負けているところ」を把握し、自社のホームページのクオリティー(デザインではなく、情報量、強み)を認識しましょう。そこで差別化できるキャッチコピーやビジネスのアイデアも湧き出ることもあるでしょう。ぜひ、読者に刺さるものを作っていきましょう。


最後に

以上が「ホームページを集客につなげる5つのコツ」です。
今回は、初心者の方でも実践できる「必要最低限のするべきこと」をお伝えしました。実は、世の中には、まだまだテクニックが存在しています。ここでは専門的なことは書きませんが、「もっともっと本格的に集客につなげたい」という方は、参考書などを購入して勉強してみてもいいかもしれませんね。
他にも「Instagram」や「LINE」などを利用したオンラインで行える集客の方法はあるので、ぜひいろいろ試してみてあなたのビジネスに合う方法を見つけ出してみてください!

-Web集客
-, ,

Copyright© 山西屋のweb集客ブログ , 2021 All Rights Reserved.