Web集客

【初心者必見!】Webマーケティングを学べるおすすめの本5選

投稿日: 更新日:

カラフルな本がたくさんある本棚

Webマーケティングとは?

「webマーケティング」とは簡単にいうとインターネットを中心に行われるマーケティングのことで、オンラインショップなどのWebサイト、サービスの認知拡大や購入を効果的に促すための活動のことです。

「マーケティング」とは"より多く商品が売れる仕組みを作る活動"を指します。

マーケティングの本来の目的は「この商品、サービスが欲しい!」と思ってもらい、購入、利用をしてもらうこと。そのために商品やサービスをネット上で見つけてもらい、集客力や販売力をアップするために行うのがWebマーケティングなのです。

webマーケティングが重要視される理由に「インターネットの普及」があります。

現在はスマートフォンやパソコンをほとんどの人が持つようになり、インターネットを使うのが当たり前の世の中になっています。

このような背景からもwebマーケティングの重要性は、年々高まっていると言えるでしょう。

またWebマーケティングの最大の特徴は「どの広告から閲覧、または購入にたどり着いたか」「どのくらいの人数が一つのページに滞在し閲覧していたのか」などユーザーのアクションを追跡することができ、データが数値化されることです。

そのためデータ結果をもとに宣伝の仕方や施策の改善をしながら実績を上げていくことが可能なのです。

Webマーケティングを学べるおすすめの本5選

Webマーケティング関連の本は日々出版されているため本屋さんに行ってもどの本にしようか…と悩まれる方も多いかと思います。

今回は2022年現在、Webマーケティングが独学で学べる本を厳選して紹介していきます。

■マンガでわかるWebマーケティング

この本はWebマーケティングの基礎概念から実際の現場で活かせるノウハウまでを漫画でわかりやすく説明しています。

初心者の方がいきなり難しいWeb用語がたくさん書かれた参考本を読んでも理解するのに時間が必要となりますが、この本は漫画などで理解しやすくもあり、また楽しんで学ぶこともできますので人気の高い一冊となっています。

そのためWebマーケティングの入門書として未経験の多くの方が愛読しており、Webマーケティングの基礎知識やWebマーケターになるに向けてどんなスキルが必要かなどがきっちりと学べる仕組みになっています。

また近年のデジタルマーケティングのトレンドも押さえている他、著者の実体験をモチーフにしているため実際の現場で役立つノウハウが効率よく学べます。

短い期間でWebマーケティングを習得しようとお考えの方にはおすすめの一冊です。

また本の表紙にもあるように「ネット活用の超入門書」のためさらに詳しく知りたいという方は別の本も併用して愛読するといいでしょう。

■沈黙のwebマーケティング-webマーケッターボーンの逆襲-

この本はもともとWeb上で連載されていたコンテンツを書籍化したものです。

経営している会社がとあることでWebサイトの検索順位が低くなり、困り果てためぐみの前に伝説のWebマーケターボーン片桐が現れる……といったようにこちらも漫画と解説がセットになっており、またストーリー性のためわかりやすくすらすらと読めてしまう一冊。

Webマーケティングの概念となる部分を説明しつつ事細かな戦略術や基本の考え方が学べる入門書で、とくにSEO対策を中心にGoogleウェブマスターツールの活用やソーシャルメディアの効果的な運用で使えるマーケティング知識が学べWebマーケターが押さえておきたいポイントをわかりやすく解説しています。

ボーン片桐はどのように商品の価値を人々に伝え、経営危機の会社を救うのか…ご自身の立場に置き換えながらぜひご一読ください。成功するために押さえておきたい作業や、現場での実践に役立つスキルが身に付けられます。

Web知識は網羅的に学ぶにはこちらがおすすめですが同シリーズで『沈黙のWebライティング』も発刊されていますので気になる方はそちらもぜひ読んでみてはいかがでしょうか。

■はじめてでもよくわかる! Webマーケティング集中講義

この本は初心者、またWebマーケティングの勉強をし直そうという方に向けて書かれたとてもわかりやすい一冊で”いちばんやさしい入門書”とも言われています。Webマーケティングが重視されるようになった時代背景からデータ分析の手法、キーワードプランナーの活用方法などを講義形式で解説しています。講義の最後にはさらに理解を深めるための記事も収録されています。また解説だけではなく確認のための穴埋め問題があり、知識の理解度も見ることができるようになっています。さまざまな事例や例えを交えながら丁寧に教えてくれるので少し発売日からは年月が経過していますが、最初の一冊にこちらの本を選ぶのもおすすめです。

■ドリルを売るには穴を売れ

タイトルの「ドリルを売るには穴を売れ」とはマーケティング業界では知られている言葉です。

顧客はドリルが欲しいのではなく穴が欲しいということ。つまり「商品を売るには顧客にとっての価値から考えよ」ということです。

この場合、顧客はドリルがなくとも穴があればいいのです。

本書では「価値」を重要視し、モノを売るための基本「ベネフィット」「セグメンテーションとターゲティング」「差別化」「4P」の流れに沿って解説しています。

抑えるポイントを最低限にしているのもおすすめの一つ。

また閉店間際のイタリアンレストランを新人のマーケターが復活させるというストーリー形式で進んでいくので読みやすく、マーケティングに置いても重要な考え方を学ぶことができ、理解も深まります。

■ハイパワー・マーケティング あなたのビジネスを加速させる「力」の見つけ方

この本は「マーケティング・バイブル」と称賛されている世界的ベストセラー。どうターゲットを選定しつつ、どう商品の価値を感じてもらうか、どうやって仕事を獲得するかなどマーケティングの大原則が一連の流れで具体的に学べます。

また「お客様のことはクライアントとして扱うべき」と書籍内で説明しているように、この本では人間らしいコミュニケーションをマーケティング上でどう活かせるか、が習得できる一冊になっています。

300ページ超えの一冊となるため初心者の方には少し難しい内容にはなりますが内容の濃さには文句のない一冊となっています。

多くのマーケターが参考にしてきた本ですので、会社の事業をもっと大きく成長させたいのであればぜひ一度読んでみてはいかがでしょうか。

【Webマーケティングを学べるおすすめの本】まとめ

本記事ではWebマーケティングに関するおすすめの書籍をご紹介いたしました。

Webマーケティングなんてプロのやること、と思ってらっしゃる方も多いかと思います。しかし毎日使っているインターネットでの情報収集や商品の購入、スマートフォンアプリ、SNS…いたるところでWebマーケティングは行われているのです。

webマーケティングでは考え方や最新の手法などが次々に更新されています。そのためネット上での情報収集が必要不可欠となりますが、マーケティングの基本的な考え方は昔とは変わらず、普遍的なものが多いのできっちり学びたいという方には書籍がとてもおすすめです。

またwebマーケティングを学ぶとなると専門的な知識が必要となるためどこから手を付けていいかもわからない、とお悩みになるかと思いますが上記の本などは用語や解説なども漫画、ストーリー性のある方法で記載されており、またオンラインスクールのように費用もいらず、無料講座よりも体系的に学べるためWebマーケティングの基礎を十分に理解することができます。

数冊読めばしっかりと知識をつけることができますのでWebマーケティングに興味のある方はぜひ、自分に合った本を探し、学んでいきましょう。

-Web集客

Copyright© 山西屋のweb集客ブログ , 2022 All Rights Reserved.