Googleマイビジネス

ローカルseoとmeoはどう違うの?その対策方法と効果について

投稿日: 更新日:

ローカルSEO

店舗ビジネスを行っているビジネスオーナーにとってはローカルの人々に情報を届けることは今後、間違いなく重要になってきます。この記事では、ローカルSEOと呼ばれるwebマーケティング手法をお伝えしていきます!それでは行きましょう!

ローカルSEOとは?

ローカルSEOとは

ローカルSEOは、「特定の地域に絞ったキーワードで上位表示を目指す施策」のことです。

Google検索、Googleマップ検索において「地域+業種、サービス名」で検索された際に、お店の情報(Googleマイビジネス)を上位表示させるように対策することを言います。
※お店の名前や住所のような直接的な検索と区別するために、「地域+サービス名による検索方法を間接検索と呼びます。

通常、SEOと聞くと自社のWebサイトを上位に表示させる施策をイメージしますが、ローカルSEOでは、自社のGoogleマイビジネスを上位に表示させます。
同じ意味で、MEOという言葉が使われることもあります。
これまでのGoogleなどの検索エンジンの検索結果においては、食べログやホットペッパービューティー等のポータルサイトが上位表示を独占しており、お店のWebサイトはなかなかそれより上に表示されることは難しい状況でした。しかし昨今では、通常の検索結果の上にGoogleマップ検索やローカル検索が表示されるようになっています。適切に、かつはやめに対策をしておけば、ローカルSEOを集客のツールに使うことが出来るでしょう!

ローカルSEO対策による効果

ローカルSEO(MEO)の効果は大きく二つあります。

認知度アップ

ローカルSEO 認知度

Googleマイビジネスが上位に表示されるようになれば、そのぶんユーザーの目に留まりやすくなります。

「地域+サービス名」といった間接検索をするということは、ユーザーはまだあなたのお店のことを知らない可能性が非常に高いです。

Google検索やGoogleマップでの露出度が上がれば、そうした人たちにもアプローチができるようになるため、お店の認知度アップが期待できます。

集客アップ

ローカルSEO 集客アップ

「地域+サービス名」で検索するユーザーは、その地域である特定のサービスを利用したいと考えています。そうしたユーザーは、気になるお店を見つけたときに問い合わせたり、来店する確率が高い傾向にあります。

つまり、あなたのビジネスが上位に表示されていて、かつユーザーが興味を持つような情報を掲載していれば、集客アップに期待できます。

ローカルSEOの対策方法とは

対策をすると良いのでしょうか。

ポイントになるのは、この3つ。

・関連性
・距離
・知名度

距離については、お店の場所は動かせないため、ユーザーのいる場所によって変わってきます。そのため、基本的に対策は出来ないので、関連性と知名度を上げて行きましょう!それぞれどういうことか、具体的な対策内容を合わせてみていきます。

関連性アップ!詳細&正確な情報を入力しよう

ローカルSEO 正確な情報

Google検索、Googleマップでは、検索キーワードとの関連性が高いものを上位に表示する仕組みになっています。

そのため、ビジネス情報の説明文や、住所、営業時間など、すべて入力するようにしましょう。また、それらの情報を常に最新の状態にしておきましょう。

知名度アップ!口コミの数を増やそう

ローカルSEO 口コミ

意外とユーザーがよく見ているのが口コミです。来店するお店を決める際に、他のユーザーの声を参考にする傾向にあります。そのため、店舗に対するユーザーの理解度が増し、集客効果を高めてくれます。

また、Googleマイビジネスの順位にも口コミは影響すると考えられているのです。

口コミの数が多ければ、必然的に店舗に関する情報が多くなります。それに加え、良い口コミが多ければ、来店したいと思うユーザーも多くなるでしょう。

口コミも上手に活用していきましょう。

まとめ

Googleマイビジネスは、特定のエリアでとある特定のサービスを受けたいと考えて検索しているユーザーに対して、効果的な訴求ができるツールです。

ぜひローカルSEOに取り組み、効果的に認知度・集客アップするために対策を行っていきましょう!

-Googleマイビジネス
-

Copyright© 山西屋のweb集客ブログ , 2021 All Rights Reserved.