Googleマイビジネス Googleマップ

Googleマイビジネスのインバウンド対策方法(GoogleMAP編)

更新日:

Googleマイビジネスのインバウンド対策方法(GoogleMAP編)

前回インバウンド対策でGoogle検索から設定する方法をお伝えしました。

今回はGoogleマイビジネスのインバウンド対策方法のGoogleMAP編をお伝えしていきます。

Google検索かGoogleMAPのどちらか一方で設定すれば大丈夫ですのでインバウンド対策される方は参考にしてみてください。

Googleマップから設定する方法

Googleマップから多言語設定する方法をお伝えします。
こちらも外国語モードに変更して作業していきます。

自分のお店を管理しているアカウントでログイン

多言語設定するにはオーナー登録が必要です。
マイビジネスを管理しているアカウントで検索しましょう。

Googleマップでお店を検索する

Googleマイビジネスのインバウンド対策方法(GoogleMAP編)

左上の三本線をクリックする

Googleマイビジネスのインバウンド対策方法(GoogleMAP編)

 

言語をクリックする

下にある「言語」(下から9番目)をクリックします。

設定したい言語をクリックする

こちらも英語を例にして説明していきます。

「Suggest an edit(ビジネス情報の編集)」をクリックする

Googleマイビジネスのインバウンド対策方法(GoogleMAP編)

「Change name or other details(名称変更)」をクリックする

ここからは、先ほどお伝えした「多言語設定方法(Google検索)」の方法と同じです。

「Add name in English(英語名称を追加)」をクリックする

Googleマイビジネスのインバウンド対策方法とは?

英語モードで表記させたいビジネス名を入力します。

Googleマイビジネスのインバウンド対策方法とは?

設定完了したら「Send(送信)」をクリックします。

 

上記の表示が出るので「Done(完了)」をクリックします。

表示の確認をする

Googleマイビジネスのインバウンド対策方法(GoogleMAP編)

「Yamanishiya INC.」になっています。
これで手続きは完了です。
※Googleマップではビジネス名、住所は設定した言語と日本語2種類表示されます。

設定後は忘れずにビジネス名を日本語に戻そう

Googleマイビジネスのインバウンド対策方法とは?

先日もお伝えしましたが、必ず最後はマイビジネスから日本語のビジネス名に変更しましょう。

まとめ

今回はGoogleマップでインバウンド対策する方法(多言語設定)をお伝えしました。

Google検索からやる方法とGoogleマップからやる方法どちらかやれば両方反映されましすので、
ご自身のやりやすい方でお試しください。

訪日外国人の方にお店を見つけてもらい来店してもらいましょう!

-Googleマイビジネス, Googleマップ

Copyright© 山西屋のweb集客ブログ , 2021 All Rights Reserved.